森岡麗「Place of heart〜心の場所」(Total Produce)
 

森岡麗「Place of heart〜心の場所」 

発売日:平成16
年2月25日
発売元 : (株)オフィスルイCOMRADE Records
レコード番号 : RNCK-1001

Total Produced by:Fumiyoshi Kamo





 視聴(Flash):224KB

 視聴(メディアプレーヤー):182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB



新人ピアニスト、森岡麗君のデビューシングルを作るにあたって
僕が大事にした事は、当たり前なんだけれど「ピアノの心地よさ」
というものを聴いている人に伝えたいということでした。
森岡君は音大にも行っているだけあって、クラシックに関しての
知識や技術もとても幅広かったのですが、逆にそれが制作において
森岡君のプレッシャーになっていました。

なので、僕は技術や知識よりも心地良さという観点において
楽曲面や方向性のプロデュースをしながら作品を一緒に作ってきました。
彼はクラシックの呪縛から開放された美しい楽曲「心の場所」、
「夜霧」 を完成させました。この2曲はクラシックの良さも持ちつつ、
イージーリスニングやヒーリングとしても成立するシンプルだけど
味わいのある楽曲になったと思います。レコーディングスタジオには
六本木の鯛スタジオを使用して、ピアノはベーゼンドルファーを
442チューニングで使用し、エンジニアは松任谷由実や椎名林檎の
制作でご活躍される北城さんにお願いして、一流の場所・機材・スタッフ
が集結したレコーディングになりました。

彼はジャズやインプロヴィゼーションの世界にも興味を持っていて、
このシングルの中にそういう要素を取り入れたいという事で
僕も一曲提供させていただきました。「Next Wind」という曲です。
楽曲の解説はComposeのコラムでしたいと思いますが、
とにかくこの曲ではスポンティニアスな感性というのを大事にして
プロデュースをしました。ピアノとギターのデュオ曲ですが、
ギターフレーズに関しては譜面も進行も何もありません。
全てその場で即興で演奏されたものです。ピアノに関しても森岡君は
この曲のピアノ譜を入念に書き上げてきていたのですが、
僕は彼がリハーサルの時に出した「ミストーン」のサウンドが
とても気に入ったのでそれをレコーディングしよう、と提案したところ
彼は仰天していましたが、結果的にとても良いサウンドを得る事が
できたと思います。 何から何まで通常のクラシックの既成概念を
覆すような方式で作られたこの「Place of heart」ですが、ピアノの
心地良さというものを味わえるマキシ・シングルが出来上がり、
パッケージ・デザイン等含めた僕の初めてのトータル・プロデュース
作品となりました。僕はこのCOMRADE Recordsで沢山のアーティスト
やスタッフと出会い、ジャンルや形式というものに捕らわれない
聴いていて気持ちの良い音楽というものを作っていきたいと思います。

 



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-