森岡麗「Next Wind」(Guitar)
 

森岡麗「Next Wind」 

発売日:平成16
年2月25日
発売元 : (株)オフィスルイCOMRADE Records
レコード番号 : RNCK-1001

Guitar:Fumiyoshi Kamo




 視聴(Flash):224KB
 視聴(メディアプレーヤー):182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB



僕の作る曲の多くがコンピューターを使用して作られて
いるので、”加茂フミヨシ=コンピュータミュージック”のイメージ
があるかもしれませんが、この森岡麗のアルバムは全く
コンピューターによるフレーズは登場しません。全てが人間の
手によって演奏されたものです。本来音楽は人間が楽器や
歌を演奏することで奏でられるものですが、僕の場合は
コンピューターも一つの楽器として捕らえているというだけです。

僕が生演奏をする時の多くは、事前にフレーズを作りこむ
のではなく、極力その場のフィーリングを生かしたアドリブ・
メロディーを弾こうと考えますが、とりわけこの「Next Wind」
では、そのアドリブ性が強いものになっています。

実はレコーディング当日まで、この曲をどうやって演奏する
かは全く決めていませんでした。森岡麗君の作ってきてくれた
ベーシックなピアノアレンジ案にレコーディングのリハーサル
で森岡君のピアノの音を決めながら実際のアレンジ案を
その場でスポンティニアスに構築していったのですが、
「Compose」のコラムの続きからの話になりますが、面白い
エピソードの一つに、この曲のテンポが前半と後半が変って
いる、というところがあります。リハーサルでテンポも色々
試してみたんですが、速いのも良いね、遅いのも良いね、と
いう話になったんですよ。だったら両方やっちゃおうと(笑)

前半はピアノソロとしてメロディアスにゆったりと弾いています。
が、後半からアグレッシブなアコースティック・ギターが登場(笑)
このソロは全てその場で弾いた完全なアドリブです。事前に
決めたフレーズは一切ありません。そこからは勢いを重視した
流れに曲を変えていますので、楽曲のテンポも速くなっています
が、曲が盛り上がっていく効果が出せたと思います。

ギターも生ギターを普通にレコーディングしただけなので
何も特殊な事はしていませんが、ブルース・フィーリングを
ベースにして演奏しつつ、転調感のある所はジャズっぽい
オルタード・フレーズとかを弾いていますが、特に意識して
狙ってやったものではないです。 全体的にはとにかくメロディアス
に弾こうと心掛けて感情を込めて演奏しました。仕上がりは、
クラシックのような、ジャズのような、特殊な雰囲気のある曲に
なったと思います!!

 



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-