加茂フミヨシ「ノスタルジア」(Total Produce)
 

加茂フミヨシ「ノスタルジア」 

発売日:平成18
年6月7日
発売元 : (株)オフィスルイCOMRADE Records
レコード番号 : RNCK-1006

Total Produced by:Fumiyoshi Kamo


 視聴(Flash):224KB

 視聴(メディアプレーヤー) :182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB


ファースト・ソロ・アルバムから1年4ヶ月ぶりのセカンドアルバムです。
自分としてはファーストを出した当初はこんなに速くセカンドが出せるとは
正直言って思っていなかったのですが、GOOD WAVEリリース後に結成
した加茂フミヨシバンド”fj〜future jazz”でライブ活動を始めるようになって
どんどんインスピレーションが沸いて来て、バンド内にも独特のグルーブと
いうものが出てきたと感じていたので、それをそのままCDに収録したいと
いう事で、セカンドアルバムのリリースを決めました。

今回はカバーアルバムです。コンセプトは「ノスタルジア」。セカンドを作る
と決めたのは昨年12月26日のライブIT'S BEST SOUND Vol.2が終わった
後です。 正月休みにセカンドを作るにあたって、じっくりと自分のルーツを
探りながら自分自身の音楽的な方向性を確認しました。この「ノスタルジア」
で、僕が関わったCDとしては20作品目(その他の参加作品やリリース作品も
あるのですが、加茂フミヨシ名義としての公式なレコーディング作品という意味で)
だったので、ある意味自分の節目になるような作品を作りたいと考えました。
そこで、自分の「ルーツ」に目を向けてみました。僕の元々のルーツはロックです。
それ以前からクラシックやフュージョン等を学んでいましたが、習うものでは
なくて、自分が興味を持った音楽というのはロックだったんですね。

そのロックを自分なりに根底の部分まで考えていった時に、いくつか自分の
記憶の中で思い出となっている曲が浮かび上がってきました。それは僕に
とって現在の音楽性を作る上での基盤になっている事は間違いなく、20作品目
の節目として、僕の中でノスタルジックな曲というものを作ることによって、
ギタープレイも新境地に入れるのではないかと思い選曲しました。
選曲の中にはやはりジャズやクラシック、イージーリスニングも出てきましたが
それも一方では自分のロックをやる以前からのルーツなので否定しないで
そのまま自然に曲名を並べてみました。

1. 幻想即興曲
2. Voodoo Chile(Slight Return)
3. Layla
4. People Get Ready
5. Donna Lee
6. Livin' On A Prayer
7. Longing/Love

各楽曲のレポートは「Guitar」の所のレポートに詳しく書きます(視聴も可能です)
が、選曲をしてみて自分自身改めて思ったことは僕はFenderのサウンドが好き
なんだなと思いました。Jimi Hendrix、Eric Clapton、Jeff Beck、Jaco Pastorius
、そしてBon JoviのRichie Samboraは全てFenderを使った名プレイヤーです。
今回のアルバムのビッグ・サプライズが「Fenderの完全バックアップ」です。
ちなみに、Fenderがバックアップしてくれるからこの選曲という事じゃないん
ですよ(笑) あくまでも選曲が最初です。たまたま、縁でFenderがサポートして
くれることになって、本当に運命的なものを感じました。 Fenderのストラトの音
でプレイしているとインスピレーションが沸くんです。そこで湧き出たアイデアを
僕はバンド「fj〜future jazz」に持ち帰り、キーボーディスト樺山さんと制作を
始めました。 今回のアレンジと演奏は加茂フミヨシバンドとしてfjが行っています。
fjとしてのオリジナル曲も「Sambania」「Dear」と2曲BONUS TRACKで収録しました。

サポートの市川さんと前田君にも活躍してもらいました。3ヶ月の制作期間を
通して、この「ノスタルジア」は生まれました。演奏面でも、Fenderのギターが
僕に新たな力を与えてくれて、今までに無い最高のギタープレイが出来ました。
また、「TEAM fj」というfjをバックアップしてくれるチームが出来て、彼らのおかげ
でレコーディングも順調に終了出来ました。アルバムのジャケットはTEAM fjの
kidoh&Yamaguchi"Fire"Takahiroのアートワークによるものです。そして勿論
毎回毎回そうですが、今回のレコーディングの話をまとめていただいたオフィスルイ
のパワーのおかげで、この作品は完成しました。是非、聞いてください!








(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-