山本一太「かいかくの詩」(Programming)
 

山本一太「かいかくの詩」 

発売日:平成15
年2月19日
発売元 : (株)東芝EMI
レコード番号 : TOCT-4458

Programming by:Fumiyoshi Kamo

 視聴(Flash):224KB
 視聴(メディアプレーヤー):182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB

今回はギター関係の打ち込みは一切登場しませんが、
シンセ関係の打ち込みは難易度の高いものでした。
まずイントロのメロディーはオルガンに「カットオフ・フリケンシー」を
使って、そのパラメーターを動かすことによってワウ効果を与えて
オルガンにワウがかかったようなサウンドを作っています。

シンセ・ベースの打ち込みでは少しエグいサウンドが欲しかったので
「レゾナンス」の値をいじって対処しましたが、ラップパートで
頻繁に出てくる32分音符のフィルインがいまいち音抜けが悪かった
ので、ファンタジアをダビングしてフレーズに輪郭を与えています。

効果音もかなり使っていますが、最も曲中に出てくる効果音は
29人のゲストの政治家の方の「叫び」をサンプリングして、
さらにそれにエフェクターをかけて原音を解らなくするくらい音を
歪ませてスクラッチ・ノイズとしてラップパートで使っています。
これはかなり曲に個性を与えてくれたと思います。

サビのバス・ドラムの打ち込みはミックス前の段階でもかなり
凝ったものになっていたのですが、バスドラムの音色自体に
より人間的なサウンドが欲しいということで、Protools上で
既にレコーディングされた波形を新しい波形に「入れ替えて」、
新しいバスドラムの音にしてしまいました。
これは今回始めて試みたレコーディング・テクニックです。

アコースティック・ギターのリフは曲に合わせて丸々最初から最後まで
一度演奏したものをレコーディングしておいて、良いグルーブになって
いる部分をサンプリングして、あえてループさせて使いました。
生の演奏そのままでも問題なかったのですが、ループの繰り返しに
よるグルーブが欲しかったのです。

MIDIとAudioの連携による打ち込みがこの曲では多かったですが、
結果的にとても良いグルーブを得ることが出来たと思います!



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-