山本一太「かいかくの詩」(Compose)
 

山本一太「かいかくの詩」 

発売日:平成15
年2月19日
発売元 : (株)東芝EMI
レコード番号 : TOCT-4458

Composed by:Fumiyoshi Kamo

 視聴(Flash):224KB
 視聴(メディアプレーヤー):182KB
 視聴(リアルプレーヤー) :182KB


曲の前半部分がラップ〜サビがロック風という感じの曲作りですが、
ラップは適当に歌っているようでいて、実は「全指定」のメロディーです。
16分音符や、休符等全て楽譜で厳密に定義されているラップで、
その上に丹念に歌詞をはめ込んでいきました。歌詞のはめ込み作業は
山本一太さんお一人では出来ないとのことで、僕とスタジオに入って
音を出しながら楽譜を読み上げて、一太さんの用意してきたラフの
歌詞を元に、一語一語歌詞を当て込んでいきました。
実はこの作業の時僕は徹夜の連続のせいで39度の熱があり、
殆ど倒れそうな中でやったので、どんな作業をしたか
具体的には覚えていません・・・

ラップ・メロディーはミクソリディアン・モードを使ったブルージーなものです。
コード進行もややモード的で、コードの流れがあるというよりも1コードに
近い発想で組み立てられていますが、僕はこのアコースティック・ギターの
リフがかなり気に入っています。ブルージーな雰囲気とクラシカルな雰囲気
がまざった感じのリフで、これは作曲段階から準備してあったものです。

ラップ部分のEミクソリディアンから、サビになるとKey=D♭メジャーに
転調して、ロック的な展開になります。ブルーノートを沢山使ってブルース・
ロックの雰囲気のあるメロディーを作っています。 このハーモニーは
僕はスティーリー・ダンや、ドナルド・フェイゲンからインスピレーションを
得て作りました。

ラップ→サビの繰り返しで終わると見せかけておいて、実は最後に
大サビのメロディーが隠されています。突然転調でKey=E♭に転調して
キャッチーなメロディーを作りました。 ここではロック的というよりも
メジャー感の強いエンディングを感じさせるものになっています。

良くありふれた感じの曲にはしたくない、ジャンルがわからないような
ものがやりたい、という一太さんの要望に答えるべく気合を入れて
作りまして、なかなかの大作に仕上がったと思います。

 



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-