山本一太「エイシア-ASIA-」(Guitar)
 

山本一太「エイシア-ASIA-」  

発売日:平成15年2月19日
発売元 : (株)東芝EMI
レコード番号 : TOCT-4458

Guitar:Fumiyoshi Kamo


 視聴(Flash):148KB

 視聴(メディアプレーヤー):120KB
 視聴(リアルプレーヤー) :120KB


山本一太さんの「かいかくの詩」のカップリング曲です。
僕はエレキ・ギターを演奏しています。
バラードタイプの曲なのですが、良くある感じにはしたくないと
いうことで、コーラスのかかったクリーン・トーンでのバッキング等の
方法論を今回はとらず、全体的に歪んだ音でバッキングしています。

僕にとってバラードでのバッキングは、やっぱりジミ・ヘンドリックスに
かなりの影響を受けていて、コードを弾きながらハンマリング・プリング
等でひねりを入れていくスタイルや、開放弦を鳴らしながらコードチェンジ
をしていく等のアイディアをこの曲で使っています。
また、「ジミ・ヘンドリックスに影響を受けたギタリスト」も僕はかなり
好きで、スティーブ・ヴァイがバラードの曲でよく演るハーモニクスを
使ったバッキングもこの曲では多用しています。

基本的にギターはバッキング1本、ソロ1本という構成ですが、
曲の中間部ではストレッチ・コードを使ったテンションサウンドによる
アルペジオをダビングしています。アルペジオにはややフランジャーを
かけて、よくあるキレイ系のサウンドにはしていません。
このサウンドのアイディアはこの曲の作/編曲の宇佐美さんの
センスによるものです。

リード・ギターはやや都会的なブルース・ギターを目指して弾きました。
基本的にはブルーノートを多用したブルース・フレージングを多用して
いますが、フィンガリングが一風変わったフレーズ等もあるので
意外と演奏は難しいです。僕は本番のレコーディングでは3テイク程
録りましたが、気持ちが一番入っていたのは2テイク目だったので
2テイク目を採用しました。

楽曲はサビのメロディーが印象的ですが、そのメロディーを
さらに良いものにするためにコーラスアレンジを僕の方で考えて
コーラスのTAKAYAさんに歌っていただいたらとてもメロディアスな
サウンドが得られました。
ソウルフルなバラード曲に仕上がって、とても気に入っています!



(c) 2002. Fumiyoshi Kamo all rights reserved.
-